元国税調査官が教える税務調査あれこれ

セミナーの日程が決まりました。 下記の日程で開催いたします。









タイトル 元国税調査官が教える税務調査あれこれ
開催日時 2019年4月8日(月)15:00~17:00(受付開始14:30~)
場所 東京都中央区銀座1-16-7 銀座大栄ビル8F

http://goo.gl/maps/4Q6FW
対象 経営者、人事担当者、その他
募集人数
会員料金 無料
非会員料金
担当 松嶋 洋 氏(税理士。東京税経センター顧問、元国税調査官)

(プロフィール)
平成14年東京大学を卒業後、国民生活金融公庫を経て東京国税局に入局。
国税調査官として、法人税調査・審理事務を担当。
国税局を退官後、経団連関連の税制研究所において、 法人税制を中心とするあるべき税制の立案と

解釈研究に従事。 現在は、税務調査対策及び高度税務に関するコンサルティング業務に従事する傍ら、

税理士向けに税務調査対策のセミナーや著作の執筆を行っている。
概要 1 税務調査で望ましい結果を残す2つの方法
     ①税務調査で問題が発見されるのはこれが原因
    ②対応方法
    ③調査官が欲しいものは何か


2 税務調査のウソ・ホント
     ①早期決着をうたう税理士を信用してはいけない
    ②お土産を用意するかどうか
    ③無予告調査は拒否できるかどうか  
主催 株式会社オオツキM
協力 社会保険労務士法人 大槻経営労務管理事務所